玄海のおもてなし

亀戸店 / 玄海の歩み / 水たき一筋88年 新宿・玄海のHPへようこそ

表裏一体の精神が玄海のおもてなし

生産者・従業員・お客様、全ての人と誠実に向き合う事。

裏も表もない、表裏一体の精神こそが、玄海の「おもてなし」です。

おもてなし、という言葉があります 。
この言葉は本来は「人をもてなす」という言葉の丁寧語によって生まれてる言葉です。
日本人は代々、人に使える・人の役に立つことが美徳とされてきました。
ですが、ここでは玄海独自の定義をよりシンプルにご紹介させていただきます。 

「おもてなし」という字は表現を変えると「表無し」とすることもできます。
表というのは、飲食店で言うところの「お客様に対する対面」です。表が無いということは、つまり裏ということになります。
玄海の対面の姿は「裏の姿」と同じという事です。
裏というのは飲食店で言うところの「社員に対する対面」「お取引先に対する対面」です。
つまり、裏方の人に対する姿勢と、お客様に対する姿勢が根本的に同じであるという事です。
つまり、俗に言う「裏がある」という事は決してない、誰にも誠実な企業姿勢。玄海では、この「表もなければ、裏もない」という表裏一体の姿勢を「おもてなし」と考えています。