「絆」の生まれる接客

亀戸店 /

「絆」の生まれる接客

お客様一人ひとりの目線に立てるからこそ、お客様の信頼は得られます。 

その原点となるの、技術や経験ではなく心です 喜びを感じることができるが 結果としておもてなしを作り上げていきます

絆の生まれる接客 「触れる」

まず自分が調理の魅力に触れる事 

接客の仕事は、お客様のお食事の場面を盛り立てる事。 

そのためには、より料理を美味しく食べるための提案や、説明が欠かせません。 

そして、その提案や説明は、単に暗記した知識ではなく「実感にもとづいた提案」でなければなりません。 

そのためにも玄海では、お客様にご提供する料理を食べておく事を重視しています

絆の生まれる接客 「考える」

その料理を店が作る理由を表現する 

料理には、それぞれ生産者の方と料理人の想いが宿っており、そのように調理された理由というものがあります。 

実際に、料理を食べてみて、そうした理由や目的を知る事で、お客様への提案方法は自然と見えてきます。 

その意味でも接客の仕事は知ることが常に重要な鍵を握っています。

絆の生まれる接客 「表現する」

あくまでも、お客様の為のお料理。 

どれほどの想いのこもった料理であっても、それを食べるのはお客様ですから、お客様に喜んでいただけるように提案する必要があります。 

玄海にはお客様の顧客情報を管理する専門部署があり、接客係にその部署より詳細な情報がもたらされます。 

後は本人の力量次第。接客も また日々の鍛錬が問われる職場です。